第一あおまる釣遊記

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイラバ 角島沖(# ̄ー ̄#)

2016.04.25.Mon.23:17
4月 24日 

今回も真鯛狙って、いつもの水深80~90mラインを攻めます。

まずは、スクイッドラバーにアジングビームの組み合わせ。

一投目から、いきなりホールでアタり、慌てて合わせます。

60超えの綺麗な真鯛。

フックにちょん掛けのワームが効果アリかも?

次はジャッカルビンビンワームの虫みたいなゴールドに変えてテスト。

ライン真っ直ぐなトルクのない潮の中、またまたホールでアタり!

丁度良い美味しいサイズGETです。

しばらくちょん掛けワームは外せませんね!

IMG_1727_20160425230708182.jpg 
IMG_1732_20160425230730ce9.jpg 


その間、同行者S氏に強烈な獲物が掛かり、船上は大変盛り上がっておりました。

20mほど出され、巻いては出されの繰り返し、格闘時間はなんと2時間。

だいぶ近くまで上がって、ヒラマサっぽい魚影を確認。

ドラグを締め、寄せに入ったとこでラインブレイク。

ファイト中のS氏! ロッドってこんなに曲がるのですね。

2時間お疲れ様でした。

IMG_1731.jpg 



それから、待ちに待った下げの始まり。

ここから大爆釣となるハズでしたが、北が吹き始め100gでも底がとれない。

120gに変えても2~3回の着底で浮いてしまう。

それでもアタりはあり、塩焼きサイズがコンスタントに上がってましたので

水温が上がって活性も上がってきているように感じました。

ちょん掛けワームですが、全体にボリュームがあればいいかも!

ロックマックスやキジハタグラブでもイケそうです。ヽ(*’-^*)。

スポンサーサイト
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。