第一あおまる釣遊記

カワハギ(船) 2月22日

2010.02.23.Tue.21:24
5ヶ月ぶりのカワハギ釣り

船つき場に到着、場所取りの為タックルを積み込む

船長、他のお客さんも乗り込み、ポイントへ

今日は12時30分まで潮がゆっくり動くと船長

仕掛けは中錘なしの30号、下から7cm、10cm、12cmで

枝バリはカワハギ王7号4cm(枝)

船長の合図で仕掛けを投入

着底、タタキを入れゼロテンションで待つ、

ガガガと即当り、合わせる、一投目から25cm位、型がいい、

5投目まで、大小あわせて入れ食いがつづく

6~7,8,9投目・・・エサだけ取られる。

潮が少し早い

3段目下に1.5号シンカーを打ち、たるませる。

これが当り、コンスタントに釣れ始めるが、

リリースサイズ、外道が混じる。

中層釣りに、切り替え1メートルほど上げタタキを入れ、

送り込む、やはり中層で掛かるカワハギは型がいいように感じる。

その後、タタキ、たるませ、中層と何しても釣れる様になり、

最後の流しまで釣れ続けた。

釣果は、20~25cmをなんと、51匹!と大漁、リリースを入れると60匹を超えていました。

12.jpg


大漁の日は、疲れも少なく帰りの運転も楽に感じます。

使用したタックル

ロッド  シマノ バイオクラフト180HH
リール  ダイワ スポルザ150L
ライン  ユニチカ エギングスーパーPEⅡ1号

ご近所に、くばっても30匹も、

急いでカワハギを洗う、フライの用意は子どもに任せて

DSCF20901.jpg


今日の分と保存食用にと

DSCF2092.jpg

フライにお刺身、ムニエル、キモ味噌汁とカワハギづくしの夕食となりました。

DSCF20982.jpg

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示